お知らせ|杉並区上荻で歯科・歯医者をお探しの方は【やまぐち歯科・矯正歯科】まで

時間 日・祝
9:30〜13:00
14:30〜19:00
土曜午前は9:00~13:00 土曜午後は14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

〒167-0043 東京都杉並区上荻1丁目15-5

  • 電話
  • メニュー

お知らせ

はじめてのインプラントについて

2021年3月19日

はじめてのインプラントについて

 

こんにちは、「やまぐち歯科・矯正歯科」院長の山口 雅史です。

 

むし歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまったら、これまでは入れ歯やブリッジなどの義歯で補って、噛む機能を取り戻すことが一般的でした。

 

しかし最近では、「入れ歯はズレて嚙みづらいし、作り直しや調整が多い」「ブリッジだと支えになる歯を大きく削って負担をかけるのが心配」という方が増えています。

 

当院で入れ歯をお作りする際は、なるべく調整や作り直しの回数が少なくように配慮し、より噛み心地のよい保険外の入れ歯もご提供しています。

 

しかし、どんなに良い入れ歯でも、天然の歯に比べると噛む力はどうしても劣ってしまいます。

 

ブリッジは、健康な歯のエナメル質を大きく削って土台を作るため、むし歯や知覚過敏などのリスクが高まります。また、土台となった歯には負担がかかり、折れる・欠けるなど、歯の寿命も短くなるといわれています。

 

そこで近年脚光を浴びているのが、「インプラント」です。
 
入れ歯やブリッジで不具合を感じている方は、一度「インプラント」を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

今回は、初めてインプラントをされる方に向けて、ご説明します。

 

インプラントとは

 

 

インプラント

 

インプラントは、歯があった箇所の顎の骨にチタン製の「人工歯根」を手術で埋め込み、骨と人工歯根がくっつくのを待ってから、上に「人工歯」を取りつける治療方法です。
 
外科的な処置が必要で治療期間がかかり、保険が適用されないため、治療に踏み切るには少し勇気が必要かもしれません。
 
しかし、いまは人生100年時代。これからの長い人生を考えると、インプラントは入れ歯やブリッジ以上の大きなメリットがあるといえます。ではさっそく、メリットからみていきましょう。

 
 

インプラントのメリット

 

インプラントは周囲の歯に負担をかけることのない治療法といえます。

 

ブリッジのように、土台となる健康な歯を大きく削る必要がなく、入れ歯のようにバネがかかる歯に負担をかけることがまったくありません。

 

審美面のメリットは、なんといっても見た目が自然なことです。インプラントの人工歯部分には、ジルコニアやセラミックといった天然歯に近い色調の素材が使用されます。

 

機能面のメリットは、歯の根っこが顎の骨に固定されているので、天然の歯と同じように噛むことができることが大きな特徴です。
入れ歯やブリッジに比べてしっかり噛めるので脳に適度な刺激が与えられ、認知症の予防にもつながります。また、入れ歯に比べると発音がしやすいので、会話もよりスムーズに楽しめるといえるでしょう。

 

「歯が抜けると頬がこけて、老けて見えるのが気になる」という声をよく聞きますが、インプラントの場合は、入れ歯やブリッジに比べると骨吸収が少ないので、口元の若々しさを保つことができます

 

ケアは、天然の歯と同じように毎日の歯磨きと、歯科医院でのクリーニングなど定期的なメンテナンスを受けるだけ。きちんとケアすることで、何十年と半永久的に使うことができます

 

 

インプラントのデメリット

 
インプラント治療には手術が必要なので、治療期間がブリッジや入れ歯よりも長くかかります。
保険の適用外のため治療費も高めとなります。

インプラントの埋入部位に骨が足りない場合は、術前もしくは術時に骨を造る手術が必要になります。

治療後も、歯周病によく似たインプラント周囲炎でインプラントが抜けてしまわないように、定期検診は必ず受けるようにしましょう

 

 

実際に治療を受けた方からの評判

 
タオルで汗を拭く夫婦

 

当院の患者様には、過去に数本~数十本の歯を失され、「残っている歯を大事にしたい」「他の歯に負担をかけたくない」とのお考えから、インプラント治療を選択された方が少なくありません。

 

インプラント治療が終わった方からは、「何でもよく噛めるようになってうれしい!」「入れ歯の長年のストレスからようやく解放された!」「自分の歯のように自然に見えるので満足!」と大変喜んでいただいております。

 

事実、入れ歯やブリッジに不満を抱えていらした方ほど、インプラントの嚙み心地や快適さ、見た目の良さに感動される傾向があります。

 

治療の前にまずは丁寧かつ誠実な説明を

 

当院では、初めてインプラント治療をしようとお考えの患者様には、まずはお口の図や模型をお見せしながら、治療の流れやメリット・デメリットなどを丁寧にご説明しております

 

わからないことはお答えし、ご納得いただいてから術前検査に進みます。持病をお持ちの方、薬を服用されている方も、まずはご相談くださいね。

 

インプラントがどのようなものか、おわかりいただけたでしょうか?
 
次回は、当院のインプラントにどのような特色があるのかをお伝えします。

当院のインプラントの特色について

2021年3月19日

当院のインプラントの特色について

 

こんにちは、「やまぐち歯科・矯正歯科」院長の山口 雅史です。

 

当院は矯正歯科を始め総合的な歯科診療を行っておりますが、私が院長になってから、とくに力を入れているのが「インプラント治療」です。

 

今回は、当院のインプラント治療について、具体的にお話しいたします。

 

専門性を生かしたインプラント治療

 

 

専門性を生かしたインプラント治療

 

インプラントはまわりの歯に負担をかけることがなく、噛む力も天然の歯と同じくらいあるのが大きな魅力です。
歯を失った方の治療方法として義歯やブリッジよりも優位だと感じ、インプラント治療に専門的に携わるようになりました。

 

これまでインプラントについて専門的に学び、国内でも数少ないインプラントセンターで研鑽を積み、「ITIインプラント認定医」「Screw-Ventインプラント認定医」として認定されております。

 

また、歯科医師向けにインプラントセミナーでの指導も行っており、専門誌からお声がけいただいて、第一線でご活躍されている先生方と『はじめてのインプラント治療』という本も出版いたしました。おかげさまで、これからインプラント治療を採用したいとお考えの歯科医師の先生方からも好評をいただいているようです。

 

インプラントに関してはこれまで幅広い症例に対応してきましたので、他の医院で断られたという方も、まずは当院までご相談ください

 
 

信頼のインプラントシステムを採用

 

当院のインプラントには、長年の実績があり現在もトップシェアを誇るノーベル・バイオケア社のインプラントシステムを採用しています
どちらも世界で初めて製品として展開されたインプラントシステムであり、世界的にも高い評価を受けている、信頼のインプラントシステムです。

 

私は勤務医時代から、このインプラントシステムで研鑽を重ねてまいりましたので、オペレーションや長期的予後についても熟知しているのが当院の強みです。

 

豊富な経験と技術力を活かすことはもちろん、患者様に安心して高水準のインプラント治療を受けていただけるよう、日々勉強に努めております。

 
 

オペ室完備で清潔な環境での手術を実現

 

インプラント治療では、顎の骨に直接インプラントの埋入を行います。そのため、患者様の骨の形態を三次元的に把握して、手術のシミュレーションをすることは欠かせません。

 

そのため、どのような症例であっても、インプラント治療をする際にはCT撮影を行っています。CT検査は院内で受けられ、画像もご覧いただけますので、ご安心ください。

 

また、感染のリスクを避け、より安全な手術を行うために、当院では完全個室の「特診室(オペ室)」を完備しています。

 

インプラントのような手術は、感染源をどれだけ排除したかによって、施術の精度が変わってきます。そのためオペ室には手術用の空気清浄ユニットを備えつけて無菌に近い状態を作りだすことで清潔域を維持し、手術の安全性を高めています。

 

さらに、より安全にインプラント治療を行うため、手術中は患者様に「生体モニター」を使って、血圧変動の確認などのモニタリングも行っています。

 

インプラント手術は不安という方も、いつもの医院でリラックスしながらお受けいただけます。

 

治療後も品質保証とメンテナンスで安心

 
治療後も品質保証とメンテナンスで安心
当院では、治療後も安心して長くお使いいただけるように、インプラントの品質保証を行っております。(ただし、当院での治療後のメンテナンスの受診が条件となります)

 

メンテナンスに定期的にご来院いただきたいので、患者様には4カ月ごとにお知らせしています。

 

メンテナンスでは通常の検診を行うとともに、歯周検査、かみ合わせ検査、歯石を取り除くスケーリング、お口の隅々までクリーニングをして歯を磨き上げるPMTCも行っています。

 

磨き残しなどに応じてご自宅でのセルフケア方法もお伝えしますので、インプラントが長持ちするよう、ご一緒に取り組んでいきましょう。

 

これまでの豊かなインプラント治療の経験を活かし、これからも地域の皆様に高水準のインプラント治療をご提供したいと考えております。

 

インプラントをご検討の際には、お気軽にご相談ください。

 

インプラントでよくある質問について

2021年3月19日

インプラントでよくある質問について

 

こんにちは、「やまぐち歯科・矯正歯科」院長の山口 雅史です。

 

前回、前々回と、インプラントについてのコラムをお届けしました。今回は、患者様からよくお尋ねいただく質問についてお答えします。

 

Q1 インプラント手術の時はどんな麻酔をしますか?

 

 

インプラントの麻酔

 

当院のインプラント手術では、一般的な歯の治療でも使われている「局所麻酔」を行います。また、手術後には痛み止めを服用していただき、その後も鎮痛薬を数回服用することで、痛みは落ち着いてきます。

 

 
 

Q2 インプラントは何年くらい使い続けられるんでしょうか?

 

インプラントの寿命は、毎日のお手入れと定期的なメンテナンスを続けられるかどうかにかかっています。

 

歯間ブラシと歯ブラシでお口の中を毎日きれいにしていただき、定期的に歯科医院でメンテナンスを受け続ければ、治療後のいい状態は長く維持できます。反対に、毎日の歯磨きや定期的なメンテナンスを怠ると、歯周病に似たインプラント周囲炎を起こして、そのまま放置しているとインプラントが抜けてしまうことがあります。

 

せっかくのインプラントをこの先何十年も使い続けていくために、予防を続けていきましょう。

 
 

Q3 インプラントを入れるデメリットを教えてください。

 

インプラント治療では手術が必要なため、持病がある方は治療が受けられないことがあります。また治療期間は長く(6ヶ月~1年)、自由診療になるため治療費もかかります

 

また、天然の歯にある歯根膜がないため歯周病菌への抵抗力が弱く、メンテナンスが不十分な時はインプラント周囲炎などを起こしやすくなります。そのため、毎日の歯磨きと定期的なメンテナンスも必要になります。

 

Q4 インプラント治療は誰でも受けられるんでしょうか?

 
タオルで汗を拭く夫婦

 

高血圧や心疾患、ぜん息、糖尿病。骨粗鬆症、肝臓や腎臓の機能障害など全身疾患をお持ちの方はインプラント治療が難しくなります。また、服用中の薬によってはインプラント治療が受けられないこともあります。詳しくは当院でご相談ください。

 

なお、十分な骨量や厚みの骨がないとインプラントは埋入できません。骨を作るための手術をしてからインプラント治療を受けることとなります。

 

また、歯周病の患者様はインプラント周囲炎になるリスクが高いため、先に歯周病治療を終わらせてから、インプラント治療を受けることになります。

 

喫煙中の方にはインプラント治療の前に、まずは禁煙をおすすめしています

 

タバコのニコチンは血管を収縮させてインプラントと骨の結合を妨げ、インプラントがグラついたり外れるといったトラブルの原因となるからです。治療後も、喫煙はインプラント周囲炎のリスクを高めますので、禁煙を続けるようにしましょう。

 

Q5 どのメーカーのインプラントを使っていますか?

 

当院は、ノーベルバイオケア社の認定歯科医院です

 

ノーベルバイオケア社は、世界で初めてインプラントを製品として展開したインプラントメーカーです。世界的にもっとも長期にわたる臨床実績を誇る「ブローネマルクシステム」、先進的なインプラントボディーデザインの「ノーベルアクティブ」など、多くの症例に適応したインプラントシステムを展開しています。

 

院長である私はITIインプラント認定医、Screw-Ventインプラント認定医であり、インプラント治療に専門的に携わってきました。これからも高水準のインプラントシステムを駆使して、精度の高いインプラント治療を提供してまいります。

 

 

Q6 やまぐち歯科・矯正歯科では難症例にも対応されていますか?

 

骨量や骨の厚みが足りず骨増生が必要な場合は、提携している東京歯科大学水道橋病院にご紹介いたします。その他の難症例については、まずは当院までご相談ください。

 

 

まとめ

 

初めてインプラント治療を受ける方や、他の歯科医院でインプラント治療が難しかった方は不安もお持ちのことと思います。

 

当院は3代続く地域密着型の歯科医院で、患者様に親身な診療を心がけていますので、治療の流れや治療期間、治療費などについて、どんなことでもご相談ください。

 

治療後も地元で末永くメンテナンスを受けていただける、信頼のインプラント治療をこれからもご提供してまいります。

 

ページトップへ